生活習慣で薄毛予防

薄毛で悩んでいるのは男性だけではありません。女性でもそれに悩む人が比較的若い年代でも増えているのが現状です。髪は女性の命と昔から言われているほどに女性にとっては美しさの条件の一つなのです。その髪の毛が少なくなってしまっては、やはり男性以上に受けるストレスは大きなものとなってしまいます。もしも女性薄毛になってしまったら、そして今後そうならないためにはどうすればよいのでしょうか。育毛剤に頼ることだけが女性薄毛対策ではありません。その対策として考えられるのが生活習慣を見直すことです。なので薄毛の改善や予防のためにはまずは自分自身のそれを見直すことから始めてみましょう。そして、薄毛対策に効果的がある生活習慣について詳しくみていくことにしましょう。
(1)栄養バランスの取れた食事をする:痩せたいからといって、食事を抜いたり極端な食事制限をしたりしていませんか?確かに食べる量が減れば体重も落ちます。しかしそんなダイエットでは意味がありません。それは体重減少が一時的な物だからです。そんなダイエットをしていると栄養を欲している体は食べ物が入ってくると体内に栄養を溜め込もうと作用してしまいます。
つまり少し食べただけでも太りやすい体質になってしまうのです。そして体の末端部分である髪の毛には栄養が回るのが最も後になります。栄養が行き届かない髪の毛はたとえ若かったとしても、薄毛や白髪などのトラブルに繋がります。食事は髪の毛の成長のためだけでなく、健康のためにも重要なのです。たんぱく質、ミネラル、脂質、炭水化物の栄養素をバランスよく含んだ食事を3食しっかりと摂るように心がけましょう。
(2)禁酒、禁煙:ここ数年喫煙者にとっては肩身の狭い状況が続いています。最近では男性よりも女性のほうが喫煙しているのを見かけることが多くなりました。お酒に関しても同様です。女性の社会進出も影響しているのか、女性が外で飲酒するのも多く見かけます。しかし喫煙に関して言えば女性の場合は特に辞めることをおすすめします。それは美容と健康に悪影響を与えるからです。タバコを吸うと血管が収縮されて血液の流れが悪くなります。よって体への栄養供給が上手くいかなくなってしまうのです。また将来的に妊娠出産をすることを考えれば喫煙は胎児にも悪い影響しか与えません。飲酒も適度であれば、体に良いといわれていますが、過度の飲酒はやはり体を壊します。自分が普段どれくらいの喫煙、飲酒をしているのか見直し、改善する努力をしましょう。
(3)ストレスをためない:ストレスも薄毛と大きく関係があるといわれています。ストレスと無縁の生活を送ることは不可能ですが、自分の好きなことを見つけて上手く発散するように努めましょう。