どうやったら薄毛を予防できるのか

女性は女性ホルモンのお陰で、男性よりも薄毛になりにくいと言われています。しかしながら最近では女性薄毛の低年齢化が進み30代からでも薄毛に悩む方が増えているのだそうです。実際に女性専用の育毛剤の種類も増えています。それは薄毛女性が増えているからだと考えられます。なぜそれが増えているのでしょうか。あげられる原因を考えてみましょう。
(1)ストレスの増大:女性の社会進出が大きく進みました。女性管理職も増えましたし、結婚したから、出産したからといって仕事を辞めない人が増えました。その分抱えるストレスは増大したという方も多いのです。仕事、家庭、育児、介護など女性は男性以上にストレスを抱える要因が多いといえるのかもしれません。ストレスが増えることにより、ホルモンバランスが乱れたり、血行が悪くなったりして抜毛の原因となってしまうことが多いようです。
(2)栄養バランスの乱れ:細い体型に憧れて無理なダイエットをしている人も少なくはありません。また出来合いのお惣菜やお弁当ばかり食べているという方も大勢いらっしゃいます。そのような食生活を続けていると体が必要としている十分な栄養を摂ることができなくなってしまいます。栄養は体の内部を動かすために優先的にまわされるために、髪の毛や手足などの末端部分は特にそれが十分に行き届かなくなります。結果として抜毛に繋がるのです。
(3)運動不足:電化製品の発達や車、その他技術の進歩により私達の生活は昔と比べたらかなり便利になりました。しかしその分自分が動く機会が減ったと感じませんか。ちょっと買い物に出るというときも車を使っている、そして家の中でもリモコンがあれば動かなくてもチャンネルを変えられます。昔の人に比べたら運動量は落ちているのです。運動しなくなると太りやすくなるだけではありません。血の巡りが悪くなります。その結果として頭皮に十分な栄養がいきわたらずに薄毛の原因となるのです。
(4)睡眠不足:忙しくて寝る暇がない、もしくは夜更かしが大好きだという方もいらっしゃると思います。寝不足は美容と健康の大敵です。最も理想的な睡眠は午後10時から午前2時の間に眠ることだといわれています。それはその間に成長ホルモンが活発に分泌されるからです。睡眠不足が続くとどのようなことが起きるのでしょうか。まずは集中力が散漫になります。そして体の血行が悪くなります。寝不足のときに顔にクマができますよね。あれも血行が悪くなったことで起こるのです。そして髪の毛も同様で栄養が行き渡らなくなってしまって薄毛になってしまうのです。他にも原因はいろいろありますが、一つでも当てはまるものがあれば自分自身の生活習慣を見直してみましょう。