産後の薄毛

無事に出産して赤ちゃんが産まれると、自分の生活が一変します。今までは自分中心だった生活が赤ちゃん中心の生活に変わります。そして自分の身なりに気を使わなくなってくる人も増えます。赤ちゃんのお世話に没頭していても産後の女性薄毛に関しては多くの方の悩みの種となるのではないでしょうか。抜毛が増える時期は、個人差もありますが、産後2~6ヶ月の間に起こりやすいといわれてます。
自分の髪の毛が大量に抜けているのを見ると、ある程度そのような現象が起こると前もって知っていたとしてもショックは大きいものです。それが一時的な現象だとわかっていても大きなストレスとなってしまう方も少なくはないようです。それにしてもなぜこのような大量の抜毛が起きてしまうのでしょうか。そのメカニズムについて詳しくみていきましょう。ここでのポイントは女性ホルモンです。妊娠中は妊娠を維持するために非妊娠時よりも大量の女性ホルモンが分泌されています。女性ホルモンが多く分泌されるとどのようなことが起こるのでしょうか。まずは肌のつやが良くなります。ホルモンが増えるだけでこんなにも肌の調子が良くなるのかとその効果に驚くことと思います。また女性ホルモンには髪の毛の寿命を延ばす効果もあるのです。髪の毛にも寿命があります。
一定の期間で抜け落ちて、新しい毛が生えてくるというサイクルを繰り返します。そのときに女性ホルモンの働きで本来は抜け落ちるはずの毛髪が抜けずに頭皮に留まるのです。よって一時期ではありますが、髪の毛の量が増えたとかつやが出た、白髪が少なくなったと感じることがあるのです。実際に育毛剤などでも女性ホルモンの働きを利用した商品もあるようです。しかし女性ホルモンは出産後に急激に低下していきます。すると今までその働きにより髪の毛として留まっていた毛が本来の寿命を迎えて抜け落ちてしまうのです。
よって一度に大量の毛が抜けてしまうという現象が起きてしまうのです。このメカニズムがわかれば、産後の抜け毛に関してあまり大きく心配することはないのではないでしょうか。それは本来抜けるべき毛が抜けただけだからです。そして一時的に抜ける量は増えたとしても、個人差もありますが半年も経てば収まってきます。なので産後の抜毛に悩んで即育毛剤を使用すればよいというわけではありません。お医者さんにかかったとしても、特別な治療をしてもらえないでしょう。どうしても抜毛が気になるのであれば、その時期だけウィッグを使ったりボリュームが出るようなヘアスタイルに変えて自分のストレスにならないように過ごしましょう。