薄毛の原因

なぜ女性薄毛になってしまうのでしょうか。若い人でも昔より髪の毛の量が減ったなと感じることはありませんか。若いからって安心してはいけません。女性でも薄毛は誰にでも起こる可能性があるのです。なぜそれが起こってしまうのかその原因について詳しくみていきましょう。
(1)老化:多くの方が薄毛の原因が老化にあると思われていらっしゃるのではないでしょうか。確かに老化も原因の一つです。男性の場合の薄毛は前頭部や頭頂部など部分的に進行してくのが特徴です。しかし女性の場合は部分的にではなく、全体の毛が薄くなっていく方が多いのです。まれに部分的に薄くなってくる方もいらっしゃいますが、それは円形脱毛症かもしれません。こればかりは自然現象なのでそれを食い止めることは正直難しいのが現状です。しかしその進行を少しでも遅らせることは可能です。
(2)毎日のヘアケア:普段髪の毛をセットするときに、髪の分け目はどうしていますか?無意識に毎日同じ分け目にしていませんか?実はそうすることでその分け目の部分だけが痛みやすくなってしまうのです。その部分だけが常に引っ張られたり、紫外線に当たるためにどうしてもダメージが起こりやすくなってしまうのです。その積み重ねが薄毛の原因となってしまいます。
また暑いからってエアコンの効いた部屋に一日中閉じこもっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうすると体全体の血行が悪くなります。もちろん頭皮の血行だって悪くなってしまいます。それが薄毛の原因となるのです。また洗髪をきちんと行わないことも原因の一つです。髪の毛に付着した汚れはお湯を流すだけで落ちますが、問題は頭皮に詰まった皮脂汚れです。これを放置しておくと、毛穴がつまり髪の毛の成長を妨げます。これが結果的に抜毛や薄毛の原因となるのです。
(3)ストレス:ストレスがない生活を望んでも現代社会ではそれは無理な話です。ストレスは様々な病気や不調の原因だといわれています。強いストレスを受けることで血管が収縮します。するとやはり頭皮の血行が悪くなるのです。それが結果として抜毛や薄毛の原因となります。強いストレスがかかると円形脱毛症になってしまう可能性もあります。
(4)運動不足や睡眠不足:十分な睡眠が取れないと、体が疲れて血行が悪くなります。また寝ている間に分泌される成長ホルモンが上手く作用せずに結果として抜毛や薄毛になるのです。また運動不足も同様で、体の代謝機能が落ちてしまい頭皮の血行が悪くなるのです。その対策として色々な方法がありますが、育毛剤を使うことも効果的です。